湖国探遊記

滋賀の歴史や文化をあれこれしてます

知識の整理

沙沙貴神社の御祭神は佐々木一族の歴史をどう表しているのか?

安土城の最寄り駅でもある安土駅から徒歩で15分ほど行くと、それは立派な楼門や社殿が立ち並ぶ沙沙貴神社があります。 流石は全国の佐々木さん達の崇敬を集める神社らしい、どっしりとした佇まいです。 そんな沙沙貴神社には、次の四座五柱の神様が御祭神と…

浅井氏の歴史を学び始めて思う下剋上の在り方や当時の受け止め方の不思議さ

下剋上と言うと、主君など名上の人を強引に押しのけてのし上がる戦国時代を象徴する言葉として扱われたりします。 特に主君を殺害して取って代わる様な、かなり物騒な印象があるかもしれません。 私自身その様な感じに思っていたのですが、浅井氏の歴史を見…

歴史的な場所は現場に行くことも肝心と思う理由

ネットを通じて様々なことを知れる現代では、直接その場所へと行く意味をあまり感じないことが増えているかもしれません。 遠くの名産品もお取り寄せできますし、ストリートビューなどを使えば様々な街並みも見ることが出来ます。 しかしながら、歴史的な場…

踊る埴輪や残虐な織田信長などの歴史を学ぶ上で厄介な強すぎる物語性

歴史について語ったり学んだりする時、得てして何らかの解釈をもってしまうのが人の性です。 つまり、広く流布している説や見方などの影響を受けていることが多いかと思います。 例えば左右の手を上げ下げしたひょうきんな埴輪は、踊っている様にも見えるこ…

寺伝や社伝などの伝承はどの程度信用できるのかという問題について

歴史などを学びながら色々と巡っていると、寺伝や社伝などの伝承の扱いをどうしようかと思ってしまいます。 これらは事実とするには難しいものもあり、かと言って全く無視するのも出来ない存在なのです。 結論から言うと、大体次の通りにしています。 大前提…

行ったら見てしまう神社の歴史を語るあれやこれ

神社へ行くと直接行ったからこそ見つけられる、あるいは確認できることがいくつかあります。 中でも神社の歴史や文化、意外な人との繋がりなどは、例えば次の所を見るとうかがい知ることが出来るでしょう。 神社の歴史を記した案内板 扁額や石柱、灯篭、狛犬…

石山寺や多賀大社など近江に残る平城京や南都とのつながりについて

滋賀、昔の名で言うなら近江は道の国と言われるだけに様々な地域の影響を受けてきました。 そのため、近江の歴史や文化にはそれらの痕跡が今に残ります。 また、その時代と共に積み重なった影響を紐解いていくと、より広範な日本文化や歴史にも繋がる面白さ…

延暦寺の歴史を知ると浮かぶ都の鬼門封じは本当に最初からだったのかという疑問

延暦寺と平安京との関係を説明する時に出てくるのが、都の鬼門封じという話です。 私も昔からよく聞いていたので、余り何も考えず受け入れていました。 しかし、延暦寺の歴史を学んでからこの説を検討してみるとかなり奇妙なのです。 結論から言うと、都の鬼…

滋賀では川を中心に展開された歴史も非常に重要

滋賀ではやはり琵琶湖が目立つので、どうしてもそこを中心とした歴史に目が行きがちです。 しかし、滋賀には多くの川が流れておりそれもまた滋賀の歴史を語る上で非常に重要になります。 例えば甲賀市を流れる杣川は、地味ですが滋賀の宗教史に関わる絶妙な…

昔の寺院勢力は現実的に強大な力を持つのが今と違いすぎて理解が大変に思う今日この頃

宗教と言えば、最近だと神社にお参りしたり、葬式で経をあげてもらったりするくらいの関わりが一般的には多いかと思います。 なので、宗教の力と言っても現実的な影響力はやや想像し難くなっているかもしれません。 しかし、中世を始めとした昔の寺院勢力に…

滋賀には天台宗の様々な歴史がありややこしいので今まで知ったことのまとめ

滋賀に何故多くの文化財があるのか、その理由の1つが天台宗との関わりです。 「近江の湖は海ならず 天台薬師の池ぞかし」と詠われるなど、滋賀と天台宗は切っても切れない関係にあります。 そんな大切な関係を、次の3つの項目に整理してみました。 日吉大社…