湖国探遊記

滋賀の歴史や文化をあれこれしてます

滋賀の歴史に戦が多いのは全県を統一する権力者が育たない複雑な権力構造が一因か?

今でこそ滋賀県はのどかで落ち着いていますが、その歴史を見るとかなり血生臭く感じます。

壬申の乱治承・寿永の乱姉川の合戦など、日本の行く末をも左右する大戦の舞台となることが実に多いように思えるのです。

 

その理由の1つとして、まず挙げられるのが滋賀に主要な道が通ることでしょう。

東海道中山道北陸道と、都に東から入る道がほぼ全て滋賀に集約されているのです。

地図を見るとその原因も一目瞭然で、日本海と太平洋が滋賀辺りで接近し日本列島のくびれの様に狭くここを通らざるを得ないことが分かるかと思います。

例えば瀬田の唐橋で戦が多かったのは、これが1つの要因です。

 

ただ、滋賀には戦が多くなる要因と考えられるものがまだあります。

それが、権力構造が極めて複雑で全県を統一する様な権力者がいないことです。

中世辺りには六角氏が近江の守護として強い権力を持ちますが、湖北の京極氏や比叡山延暦寺など対抗勢力も沢山いました。

なので、ずっと安定した権力を有していた訳ではありません。

むしろ、この様に多くの勢力がごちゃごちゃするのが滋賀の歴史全体に通じる特徴とも言えます。

 

では何故これ程ごちゃつくのか、あるいは統一する権力者が育たないのでしょうか?

この理由を細かく考えると、当然その時代ごとの理由もあるかとは思います。

しかし、滋賀の歴史全体を通して考えると概ね次の2つの理由が考えられるでしょう。

  • 全県で交易、漁業、農業などが非常に盛んで多くの既得権益が生まれた
  • 都に近く交通の便も良いため、中央政界や寺社などの権力者と結び付けた

 

まず先程指摘した通り滋賀には主要な道が通るため、特に交易関係の様々な権益が生まれることになります。

加えて、こうした交通網は情報網にもなるので周辺情勢の把握も可能にしたのかもしれません。

さらに、かつての近江は琵琶湖の漁業や近畿の食を支える程の大規模な穀倉地帯でもありました。

こうして権益や富が増えていき、やはりそれらを既得権益とする勢力が沢山表れます。

そして、それらの勢力は様々な権力者を頼ることで自分達の権益を盤石のものとしたのです。

この様にして規模自体は小さくとも有力な権力者と結びついくことで潰し難くなり、様々な勢力が乱立する状態になったと考えられます。

 

一例を挙げると、堅田衆と延暦寺、京都の下鴨神社関係がまさにそれです。

堅田衆とは今の大津市堅田にあった自治組織で、この2つの寺社の権威を背景に琵琶湖の漁業権と航行権を独占する特権的地位を築きました。

また、この特権を元にし堅田は中世の近江において最大級の自治都市となったのです。

 

この様に中世の近江は、一番上に全てを支配する者がいる単純な階層構造ではありませんでした。

つまり、小さな勢力が近くの権力者だけでなく、別の権力者とも結びつくことがある非常に複雑な権力構造だったと考えられます。

 

しかも、この複雑な権力構造は中世だけでなく、古代にも同じ様な有様だった可能性が指摘されているのです。

これは近江の前方後円墳、つまり首長の墓が継続して作られないことからそう考えられています。

この辺りは私自身まだまだ詳しく調べられていないので、もっと探求したい課題です。

 

ともかく、権力構造の複雑さは最早滋賀の伝統とも言えるのかもしれません。

そして、その複雑さは滋賀の歴史や文化に大きく関わっていると考えられるのです。

 

例えば堅田衆は後に延暦寺と対抗できる程の力を持ち、浄土真宗蓮如上人をかくまっています。

このことは、浄土真宗の歴史において大きな転機になったと考えられるのです。

他にも自治組織がより大きな力をつけたことは、滋賀の祭り文化が多様になることにも繋がったと考えられます。

祭りには何かとお金がかかるので、ある程度の余裕や蓄えがないと発展できないのです。

 

この様に、滋賀の特色と言える非常に複雑な権力構造は戦以外にもより多くの影響をもたらしたと考えられます。

そのため、この構造を理解することは非常に重要な意味を持つのですが如何せん難しいのです。

そもそも複雑でほどき難い上に、手掛かりとなる文献資料なども豊かではない分野なのが高い壁となっています。

なので、まだまだ謎の多い課題ですがその分興味深い滋賀の話が多く眠っているかもしれません。

 

最澄の学者肌に空海のカリスマ性という対照的な二人の違いとその影響

最澄空海、どちらが有名かと言うとおそらく空海の方でしょう。

空海あるいは弘法大師ゆかりの何某、その様な数多くの伝説が全国各地に残されていることからも認知度の高さが表れています。

 

一方で最澄の伝説はと言うと、空海ほどには出会いません。

それに最澄にも伝教大師という大師号がありますが、それもほとんど知られてはいないでしょう。

むしろ、空海ほど大師号が知られている僧侶は中々いません。

 

この様に最澄空海には圧倒的な知名度の差があるのですが、これには両名の自己演出力の違いが1つの要因と考えられます。

もちろん、当時流行した密教をしっかりと抑えた空海とそれ程ではなかった最澄といった歴史的な経緯も大きいでしょう。

 

しかし、後の仏教や日本の歴史においては「日本仏教の母山」とも称された様に天台宗の活躍にも特筆すべきものが沢山あるのです。

そこまで活躍したのにも関わらず、宗祖の認知度が低いのは不自然に思えます。

こうしたことから考えても、歴史的な経緯だけでは説明が不十分でしょう。

なので、別の要因も考える必要があり、その1つが演出力ではないかと思うのです。

 

特にその違いが顕著に表れているのは、死後の祀られ方です。

 

まず、空海高野山奥の院に入定し今も生きて瞑想されているとされています。

実際、日々の食事を僧侶が運んでいたりと空海の為の儀式が今日も行われているのです。

こうした場面を見ると、やはり空海の凄さや伝統の重みを強く感じます。

 

では最澄はと言うと、そもそもどこで祀られているか自体あまり知られてはいない気がします。

それもそのはずで、観光客はあまり行かない場所、東塔地域と西塔地域を結ぶ道すがら境目辺りにポツンとあります。

しかも手前には浄土院のお堂がある為、何も知らずに近くに行っても見えないので気づかない人も多いかもしれません。

かく言う私も何度か通ったことがあるのですが、御廟の存在に最近まで気づきませんでした。

 

また、最澄は遺言で喪に服さなくてもよいと述べていたり、最澄を祀る様な儀式が行われるのもの後のことだったりするそうです。

つまり総じて言うなら、自分を祀る様なことはしなくてよい、それが最澄の考え方と思われます。

さらに、最澄は非常に法華経を大切にしていて、遺言でも何度も生まれ変わり教えを広めるとまで述べているのです。

 

この様なことから、空海は自分を神格化させたのに対し、最澄は自分よりも教えを優先する違いが感じられます。

思うに、これは生前の布教活動などでもそうした傾向があったのかもしれません。

 

さらに、その後の天台宗真言宗を見ていてもその影響を見て取れます。

 

例えば先程挙げた通り、比叡山延暦寺はその後「日本仏教の母山」とも称され、鎌倉仏教の開祖を多く輩出したことはあまりにも有名です。

これには天台宗が円、密、禅、戒の四宗を学べる仏教の総合大学だったことが大きいとされます。

要するに、鎌倉仏教の開祖たちはここからこれはと思うものを選び取っていったのです。

そして、この様な仏教を学び深められる場を形成することに最澄は一生をささげました。

こうした学びや経典を大切にする姿勢からみるに、最澄は学者肌だったのかもしれません。

中でも、釈迦の教えを誰もが学び易くする方法として言語化された経典を重視した節があることにその印象を強く受けます。

 

しかも、最澄が生きている内に天台宗の立場を確固とすることが出来なかったのも逆に良い働きをしました。

つまり、その遺志を引き継ぎ弟子達が何とかしようした努力が発展するきっかけとなったのです。

 

こうした天台宗に対し、真言宗は鎌倉仏教の様な展開は見せませんでした。

これは、真言宗密教をより重視した単科大学の様だったからというのがよく言われる理由です。

ただ、その他にも空海が偉大過ぎた影響もあると指摘されます。

つまり、空海そのものを目標としてしまったことで更なる展開が生み出せなかったというのです。

確かに、真言宗が大切にする密教は経典を勉強するというより師の生き方や心から学ぶそうなので尚更なのかもしれません。

先程挙げた空海が神聖視されたのも、こうした理由が大きいとされます。

 

この様に、天台宗真言宗のその後にも2人の高僧は極めて大きな影響を与えているのです。

そのため、この2つの宗派の歴史や性格を考える上で2人の存在は欠かせません。

 

そして、それ故に歴史の妙を感じるのが同時代にここまで性格の違う傑物が生まれたことです。

この様な対照的な2人だからこそ紡がれた歴史なわけで、運命的なものがあります。

浅井氏の歴史を学び始めて思う下剋上の在り方や当時の受け止め方の不思議さ

下剋上と言うと、主君など名上の人を強引に押しのけてのし上がる戦国時代を象徴する言葉として扱われたりします。

特に主君を殺害して取って代わる様な、かなり物騒な印象があるかもしれません。

 

私自身その様な感じに思っていたのですが、浅井氏の歴史を見ていると様子が変なのです。

確かに浅井氏は浅井亮政の代の時に、主家の京極氏のお家騒動に乗じた国人一揆にて京極家中での影響力を強めました。

そこから、さらに国人衆の盟主だった浅見氏を追放し京極家中で実権を握ります。

この様に京極家中での実権を得て、北近江の実質的な支配者となっていったのが浅井氏の下剋上のあらましです。

 

しかし、京極氏の主君に当たる人は誰も殺していませんし、京極氏に完全に取って代わった訳ではありません。

つまり、名目上は京極家の下についてはいます。

 

そして、ここら辺から京極氏と浅井氏の関係性が非常に分かりづらいのです。

京極氏も浅井氏に追放されながらも何だかんだ家は存続しますし、浅井氏も六角氏に攻められたり家臣になったり色々起きます。

本当にぐちゃぐちゃしているのです。

 

極め付きは、京極高次浅井長政の次女である初が結婚した事でしょう。

これだけ色々あって当人達はどう思っていたのか気になりますが、意外にも非常に仲が良かったと言われています。

 

こうした事柄を見ると、浅井家と京極家がどの様な関係だったのか余計に分からなくなるのです。

やはり、もっと深く学んでいかなければこの関係は理解できそうにありません。

さらに、そもそも京極氏と浅井氏は北近江の戦国史、ひいては日本の戦国史にも欠かせない存在と言われます。

なので、戦国の歴史や下剋上の在り方を学ぶ上でもしっかり押さえたい事柄です。

歴史的な場所は現場に行くことも肝心と思う理由

ネットを通じて様々なことを知れる現代では、直接その場所へと行く意味をあまり感じないことが増えているかもしれません。

遠くの名産品もお取り寄せできますし、ストリートビューなどを使えば様々な街並みも見ることが出来ます。

 

しかしながら、歴史的な場所にはやはり直接行かないと分からないと思うことが沢山あるのです。

特に、昔の人の考え方や物の見方はその土地に立ってみないと捉え切れない様に思えます。

説明し辛いのですが、ネットなどでは地図で上から見る様に俯瞰して物事を捉えているのに対し、その場に立ち水平に物事を見ているという視点の違いがあるのです。

そして、この水平の視点が昔の人のものの見方に近いのかもしれません。

 

例えば城は防衛拠点としてだけでなく、城主の権威を示す機能も持っていたと考えられます。

そんな権威の力がどれ程のものかは、実際に城のあった場所に行くが一番手っ取り早いです。

例えば小谷城安土城などに行くと、これはかなり威圧感があっただろうと思わされました。

これらは山の上にありますが周りはそこそこ開けており城を遠くから見通せる為、やけに高い所にあるように感じられ凄い存在感であったろうと想像されるのです。

 

この様に、水平な視点で様々な物事を捉えていたのかもと思えることはちょくちょく見かけます。

そもそも測量技術が向上し正確な地図が作られるようになったのはそれ程昔のことではないので、土地の状況を把握する感覚は今とは大きく違ったのかもしれません。

 

なので、当然俯瞰してみる歴史も大事ですが、体感して得られる知見も肝心かと思います。

 

お酒は文化や科学や自然環境と様々な側面で語れて面白い

お酒は実に面白い創作物です。

その歴史は古く、世界的には数千年も前から作られ飲まれてきました。

日本でも、古事記に書かれた「八塩折之酒」などが古い記録として有名です。

 

それほどまでに長い歴史があるお酒なので、造られる国ごとに個性的な酒の歴史や文化が紡がれてきました。

これにはお酒が単に渇きを潤す飲み物ではなく「酔う」という特徴があり、その受けとめ方が国や宗教などによって異なったことがまず大きいと考えられます。

 

日本ではどちらかと言えば肯定的な飲み物として受けとめられ、最初期には神と人とを繋ぐ役割がまず与えられていました。

こうした風習や考え方の伝統が今でも受け継がれ、祭事や慶事などで飲まれる文化につながったと考えられます。

 

また、お酒は農作物や自然環境の影響も強く受けるのでその国の個性が表れているのです。

日本でも、やはり日本酒はお米で作られます。

一方で鹿児島などでは、火山灰の影響により米作りに向かなかったので薩摩芋の生産が江戸時代に盛んになり芋焼酎が多く作られるようになりました。

ちなみに、鹿児島など九州で焼酎がより広まったのには琉球などから焼酎文化が入ってきたことが指摘されています。

こうした所も、酒から語れる興味深い歴史の1つです。

 

さらに、お酒造りは自然環境と共にあると言っても過言でもありません。

日本酒の場合だと、「寒造り」にそれがよく表れています。

この寒造りはお酒を冬の寒い時期に仕込む作り方で、お米がこの頃には収穫されていることなどの理由から江戸時代からよく行われるようになりました。

その中でも、大きな理由として低温により余計な発酵、つまり腐ることが減り失敗が少ないこと、ひいては酒質の向上が見込めることがあります。

それと、造り酒屋さんに聞いた話では冷房設備を過剰に使わなくて済む為、現代においては環境にやさしいという利点も生まれているそうです。

あと、先程の理由の他に鹿児島など九州に焼酎文化が根付いたのは温暖な気候が影響しているとも言われています。

そのため、鹿児島などでは芋焼酎が作られる前から焼酎が作られていました。

 

そして、米や水などの原材料を広く捉えると里山を考える視点にもなります。

おいしいお米ときれいな水はどうすれば得られるのか、これは非常に重要な問題です。

こうした視点で見ると、人々が自然の中で上手く暮らしている結果として良いお酒が出来るので、確かにその土地の神様への捧げものとしてふさわしい様に思えてきます。

もちろん、この話は私の勝手に作った物語でしかありません。

 

この様に歴史や文化、自然環境と関わりの深いお酒ですが、最近では科学の力がより取り入れられ更なる発展を遂げようとしています。

つまり、お酒の発酵は生命科学など科学的に見ても非常に興味深い存在なのです。

しかも、こうした研究によりおいしいお酒が造られるだけでなく、その土地らしい個性的なお酒も造られるようになりました。

例えば大学と協力し、新しい酵母を見つけてきてそれでお酒を造ったりしています。

 

お酒には、この様に様々な語りがいのある物語を持っているのです。

ただ、当然飲み過ぎには注意なので、話が上手くまとめられる内に終わらせるのが良いでしょう。

なので、今日はこの辺で終わりにします。