湖国探遊記

滋賀の歴史や文化をあれこれしてます

写真と絵画には通底する文化や物の見方がある?伝統的な文化から思うこと

写真と絵画、この2つはかなり違うものとして認識されていたりします。

写真は今見えている光景の忠実な写し、絵画は個人的な表現といった具合です。

もちろん、写真や絵画には色々な表現があり考え方も色々でしょう。

ただ、それでも写真と絵画の共通点が意識されることはやはり少なく思えます。

 

では本当に共通点が無いのかというと、そうでもないのです。

例えば水墨画の空間表現では、背景を淡く描くぼかしが使われたりします。

一方の写真でも、焦点の合った所から像が崩れていくことで同じ様に表現されるのです。

 

また、この像が崩れている部分のことを「ボケ」と言い、英語圏にもそのまま進出したので「Bokeh」と呼ばれます。

こうした写真で使われるボケは表現として肯定的な意味合いを持ち、ボケ方の良さを表す時には「ボケ味が良い」などと言ったりするのです。

対して英語では元々「out of focus」などと呼び、どちらかと言えば否定的な意味合いが感じられる言葉でした。

あえて日本語に訳すなら、ピントが合っていない部分といった具合になります。

 

つまり、この「ボケ」を重視する文化は海外では珍しく日本独特だったと考えられるのです。

そして、その原点は水墨画だと言えればいいのですがそれは分かりません。

しかしながら、これら2つにはものの表現の仕方として似たものを感じます。

なので、日本文化ではこうした表現が伝統的に好まれてきたとは言えるかもしれません。

 

この様に2つの間には表現技法に共通性があるのですが、楽しみ方でも見出せるのです。

例えば浮世絵の名所絵やインスタなどのSNSには、旅行という共通性があったりします。

まず、江戸時代後期になり政情が安定し街道が整備されるなどの条件が整ったため、庶民の間でも旅行が流行し始めました。

ただ、今ほど簡単に行ける訳でもなく行けたとしても一生に一度くらいだったと考えられます。

そのため、行った気分になれる名所絵が求められ発展していくこととなるのです。

有名な東海道五十三次富嶽三十六景なども、そうした背景から生まれたと考えられます。

あるいは、それを基に思い出を振り返ったり、旅行の計画を立てていたりしたかもしれません。

やはり、こうした楽しみ方には今と変わらないものを感じます。

 

さて、ここまで見てきた通り写真と絵画には意外と共通性を見出せることがあるのです。

具体的な形あるものに仕上げる方法は時代によって変われども、その根底を成す文化や物の見方はある程度連続している為でしょう。

こうした変遷をみると、目の前にあるものの広がりをより感じられるので実に興味深いです。

 

 

 

石山寺を守護する鬼

見つめる鬼

眼光鋭くじっと睨む石像の鬼、これは石山寺にて今も称えられる朗燈律師が死後に変じたとされる鬼の姿を刻んだものです。

この方は生前に聖教や経典の収集や整備に尽力した上、死後もそれらを守るために鬼へと変じたとされます。

鬼というとよく退治される悪者といった印象を抱きますが、ここでは全くの逆なのです。

ここが鬼という存在の不思議な所で、結局何なのかよく分からなくなってしまいます。

ざっくり言って人知を超えた力を持つ存在、そうとしか今の私には言いようがありません。

(撮影日時2021年2月21日)

延暦寺の参道

朝日と凍てつく参道

冬の比叡山はまず観光地では無いな、そう思ったことを今も覚えています。

観光客が少ないというだけでなく、やはり凄く寒くて凄く凍っているのです。

これでも温暖化で暖かくなったとか噂を聞くので、かつてはいか程だったのだろうかと思います。

それでも冷え切っているのは確かで、いつもより空気が澄んでいるように感じられすっとするのはこの季節の良さと言えるかもしれません。

実際、朝方には坂本ケーブル延暦寺駅付近から遠く北陸の白山を望むことが出来ました。

霊山が一番霊山な季節、少し気持ちが要りますがまた機会があれば行ってみたいです。

(撮影日時2018年1月11日)

新年なので書初めならぬ書き初めに今年の目標など

気がつけばもう新年で、去年の年明けに戻ってしまったかの様な感じがするくらい瞬く間に一年が過ぎてしまいました。

去年の心残りと言えば、滋賀を巡りに巡ったのですがまだ何かつかみ切れていないことです。

えたいの知れぬ魅力と白州正子が言った通り、やはり簡単には分かり難く思えます。

 

ただ、いくつかのとっかかりも見えてきた感じもしました。

  • 日本の大動脈であったこと
  • 文化を支える豊富な資源があったこと
  • 水源地などが文化の始まりになっていること
  • 多様な文化が今に受け継がれていること

例えば上の4つが大きくあり、つまり滋賀が日本文化を下支えしてきたと総じて見えてきました。

この辺りをまだ具体的に言葉で説明できないのですが、実感としては確かに思えます。

 

なので、今年の目標としてはこの滋賀の魅力を少しでも言語化していきたいです。

また、そうした文化におけるものの見方が科学の見方とどの様に交わるのか、これはさらに難題で遥かに時間が掛かりますが念頭に置きつつ考えていきたいと思います。

大津絵の名残

秋の藤娘

大津絵は、詳しく説明しようとするとややこしくドツボにはまる絵画の一種です。

例えばその歴史は、まず仏画に始まり、より世俗的な画題で土産物として発展するも後に衰退し、大正頃から民芸品などとして文化人に再評価され、今は伝統工芸と数奇な運命を辿っています。

しかも伝統的な流派も無く、担い手も無名だったり変わったりしているのです。

なので、大津絵は具体的な絵というより抽象的なコンテンツの一種に思えます。

その様な格式の無さからか、絵にも独特の緩さがあり大津絵の大きな魅力です。

また、浜大津の周辺には写真の様な大津絵縁のものがありその名残を伝えています。

(撮影日時2020年11月17日)